Mind


平昌五輪を見て感じたこと

2018年02月14日

平昌五輪が始まっていますが、観戦側として、純粋に楽しい!かっこいい!と思いながらも、あの舞台に立ってどんな気持ちで戦っているのかを自分にも当てはめて想像してしまいます。

 

『オリンピックってどんなところなんだろう。』

 

出場した人からは話を聞くばかりで、肌では感じてないし、想像のみでしかありません。

 

昨年「結果にコミットメントしないで、自分のいい演技をしたい」と言っていた自分の言葉は本当に本心だったのだろうか?

 

結果的に、試合を自分の中で勝手に大きくしてびびってたじゃないか。

 

結果にコミットメントしないと言いながら内心めちゃくちゃこだわろうとしてたじゃないか。

 

多分平昌代表の選手たちは絶対メダルを取ってやるという揺るぎない決意や覚悟を持って取り組んでるのではないか?

 

直前までそういう自分を練り上げて最終的には無心だったり、何も考えていない境地に行くのではないか?

 

そんな選手たちが五輪に出場し、メダルを争っているんだと思った。

 

結果は神のみぞ知る領域だけど、去年のあの発言の時点では、自分には戦い抜いて必ず勝つという決意を練り上げられてなかったんだと思う。

 

求める気持ちが甘かった。

 

『逃げないで、絶対やってやると決意する、ここがスタートライン』

『行けるか行けないかわからないではない。必ず行くと腹をくくって行動することが望ましい』

 

平昌は競技は違えど、アスリートとして本当に大事なことを自分に教えてくれています。