Mind


合宿を終えて

2018年09月6日

9/2〜9/6までナショナルトーニングセンターにて合宿に参加させていただきました。

 

中学生から私達の年代まで入り混じった合宿だったのですが、日常とは少し違った雰囲気で練習ができてよかったと思います。

 

日常とは違う環境にいると自然と気づくことも多くなります。

その中で特にコレだと思ったのは「少年のような心」でした。

 

トップ選手が集まる中で技術の習得に関してよかったと思うところもありましたが、なんといっても姿勢やあり方に自分は興味を惹かれます。

 

ブログを何回か書いてみて、ちょくちょく過去や少年時代の話が出てくることに気づいたのですが、それはまるで、少年時代には普通に持っていたものを取り戻そうとしているかのようです笑

 

小賢しくなってはいけないなと感じました。

 

勝つ確率だけでなく可能性に目を光らせたい。

僕の中の少年像は可能性の中で生きている。可能性に目を光らせている。少年時代にもともと持っていた大切なものを小賢しい頭で失ってはいけない。自分はこの辺までの選手だと枠を決めてはいけない。どこまでもいけると自然に信じている。

 

今回の合宿は自分にとって大切なことを振り返るのにいい機会になりました。