Mind


体操してきて良かったことを言葉にして伝えたい

2018年12月4日

本日は東京都内で保育園・こども園を運営する社会福祉法人 東京児童協会様と、株式会社Criacao様とのご縁で、園児に体操教室を実施してきました。

 

本教室の目的は「家でも覚えられる技を教える」ということでした。

 

なぜこのような目的にしたかというと、技を覚える時には遊び心が必要だと思っていて、そうやって夢中で覚えた技は大人になっても鮮明に覚えているはずです。
それほど夢中になるというのは、面白いことだと思います。

 

家でもできるというのは、いつでも(家や園等)夢中になってできるものを、体操から提供したいと思ったからです。

 

そして、そういった技は、体操において一つではありません。

 

体操は技が豊富で、体操競技のルールブック、または学校で行われるような器械運動の技も合わせると百は下りません。

 

そんな中で僕が考える体操の教育的価値は「技の自由な選択による選ぶ力、努力してできたときの肯定的体験、またはできないものをどうやってできるか考える思考形成、またはできなかったものに区切りをつける諦める力、そして技が豊富な分そういった体験をいくらでも味わえる利点」だと思っています。

 

今日は、ワーキャー楽しみながら色々な技を知ってもらって、うまくできる段階的な練習方法を知ってもらって、最後にはこちらが提示した技を園児自らが選択してやってみるということまで行えたので、体操に興味を持って家や園や、または体操クラブでやってみようかなと思う子が少しでもいたらこちらの勝ちだと思っています笑

 

こちらもいい経験になり、何より子供は可愛いし楽しかったです(^^)